おかやまスポーツナビ-岡山県のスポーツ行事・施設、ボランティア募集

スポーツボランティアとは?

スポーツボランティアってなに?

多岐にわたるスポーツボランティア活動

スポーツボランティア活動は、イベントの運営支援ばかりでなく、スポーツに関わる活動を支えています。
地域の少年野球やサッカー教室など、スポーツクラブ・団体活動も、スポーツボランティア(スポーツボランティア)に支えられています。

スポーツボランティアは、その役割と範囲から大きく3つに分けられます。

      クラブ・団体ボランティア(クラブ・スポーツ団体)

      クラブ・団体ボランティアイメージ
      活動サイクル 日常的・定期活動
      活動内容 地域スポーツクラブやスポーツ団体におけるボランティアで、日常的に行われる活動です。
      地域のスポーツ団体などで監督やコーチ、アシスタントスタッフを務めるボランティア指導者とクラブや団体の役員や監事、練習時に給水などを担当する世話係などの運営ボランティアがあります。
      ボランティア指導者 監督・コーチ、指導アシスタント
      運営ボランティア 役員・監事、世話係、運搬・運転係、広報など

      イベントボランティア(地域スポーツ大会、国際・全国スポーツ大会)

      クラブ・団体ボランティアイメージ
      活動サイクル 非日常・不定期活動
      活動内容 地域における市民マラソンや運動会、さらには、国民体育大会や国際大会を支える、不定期に行われる活動です。
      審判員や通訳、医療救護員など、専門的な知識や技術が必要な専門ボランティアと、特別な技術や知識を必要とせず、誰でも関わることができる一般ボランティアがあります。
      専門ボランティア 審判、通訳、医療救護、データ処理、大会役員など
      一般ボランティア 受付・案内、給水・給食、記録・提示、運搬・運転、ホストファミリーなど

      アスリートボランティア

      活動サイクル 日常的・定期活動
      活動内容 現役・OBのプロスポーツ選手やトップアスリートによるアスリートボランティアは、オフシーズンに福祉施設を訪ねたり、ジュニアのスポーツ指導や地域のイベントに参加したりする社旗貢献活動です。
笹川スポーツ財団 スポーツ白書2017より作成

スポーツボランティアが必要なのはなぜ?

スポーツボランティアは「縁の下の力持ち」

スポーツイベントの運営には、規模が大きくなるほど、運営を支えるスタッフがたくさん必要になります。
オリンピックやパラリンピック、ワールドカップをはじめとするスポーツイベントでは、選手の数倍のスポーツボランティアが、活躍しています。
地域のスポーツクラブなどでも、運営を支える地域住民や指導者は、ほとんどがボランティアとして活動しています。

2012年夏季ロンドン大会の事例
  • 選手出場者数:10,568人
  • スポーツボランティア数:70,000人

※ロンドンオリンピックのボランティアは、大会(ゲーム)をつくる人という意味を込めて「ゲームズメーカー」と呼ばれ活動。

NPO法人日本スポーツボランティアネットワーク スポーツボランティアはじめてブックより作成

スポーツボランティアを募集するには?

おかやまスポーツナビでは、スポーツボランティア募集のページを作成することができます。
イベントの運営スタッフ、スポーツクラブの指導者やお手伝いの募集などに活用ください。
募集ページの作成には、おかやまスポーツナビへの登録が必要です。

スポーツボランティアをもっと詳しく知るには?

NPO法人日本スポーツボランティアネットワークでは、スポーツボランティアの知識や技術を取得する「スポーツボランティア養成プログラム」を開催しています。
また、同団体が運営するスポーツボランティア情報のポータブルサイト「スポボラ.net」には、スポーツボランティアについて「知りたい」「学びたい」「活動に参加したい」「仲間を見つけたい」様々な情報が載っています。
詳しくは、スポボラ.netの公式サイトをご覧ください。